借金返済

 

借金返済の近道は、まず、自分で返済の計画を把握することです。

その意味で返済のシミュレーションは必須です

そこで、借金返済のシミュレーターを紹介します。

 
 
 

今すぐ借金返済シミュレーターを使ってみる

今すぐ借金返済シミュレーター詳細はコチラ

 
 

債務整理無料診断シミュレーター

借金の問題は、非常にナーバスな問題です。身近な人に相談することもできず、1人で悩みがちです。
しかし、悩んでいても何も始まりません。

という方にオススメなのが、 街角法律相談所の債務整理無料診断シミュレーターです。

今の借入額を把握し、返済方法、債務整理の方法について、確認することができます。

借入件数、借入総額、毎月の返済額の入力です。

債務整理のプロにお問い合わせをすることも可能ですし、もちろん無料相談も可能です。
 
 
 街角法律相談所の債務整理無料診断シミュレーター

 
 
 

借金返済方法を考える

債務整理の方法
債務整理の方法には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4種類があります。
自己破産は、裁判所を介し破産宣告を得て免責(借金を帳消し)を決定させることです。
個人再生は、借金を減額し返済負担を圧縮すると同時に、返済計画のもとに、その借金を返済していく方法です。
任意整理は、弁護士や司法書士にお願いし、借金の減額、分割での支払いなどを要求を求めるものです。
特定調停は、裁判所で調停委員を間に置き、債権者との交渉です。

任意整理

資産(家・車)を残して、借金を減額したい人・毎月の返済額を減らしたい人
弁護士や司法書士に間に入ってもらい借金の整理をしてもらうこと、それが任意整理です。
任意整理とは
高金利の状態で払い続けたお金の返還請求する過払い金請求、返済額の再計算、また、返済方法の見直しをすることで、家や車を処分することなく、借金の減額が可能です。
長期間、利息を払っている人、すでに完済している人にも適用されます。

自己破産

返済能力もなく資産などすべて失ってもいいので、裸一貫からやり直したい
返済が不可能な人が破産宣告を受けて破産者になり、免責を受け借金を免除してもらう手続きが自己破産です。
自己破産とは
何も資産を所有していない、人生の再スタートを切りたい、資格制限の関係ない仕事の人に、再出発を手助ける位置づけもありますが、自由財産(生活に必要なもの・お金)以外の財産は失うことになりますので、借金はチャラになりますが、財産も失います。

個人民事再生

個人民事再生とは、個人債務者再生とも呼ばれている制度のひとつです。借金がありその返済に苦しんでいる、またそのために最低基準の生活を送ることもできないでいると言った状態を救済することを目的としています。
個人民事再生とは以下のような制度です。
まずこの制度の適用を受けたい場合には、裁判所に申し立てを行う必要があります。
個人民事再生とは
そして申し立てが受理されると、借金の額に応じて指定された設定されている金額にまでそれが減税される、または指定された割合にまで減額されます。
つまり最低弁済額が決定されると言うわけです。
そしてその最低弁済額を3年の期限の中で分割返済していくことを条件として、残りの借金が免除されます。
個人民事再生にはふたつの種類があります。ひとつは、債権者の決議をとる必要がある小規模個人再生で、もうひとつは債権者の決議を必要としない給与所得者等再生と呼ばれるものです。
どちらの場合でも、自己破産とは異なり自分の財産や資産を手放す必要はありません
またローン中のマイホームであっても、そこに住んだまま債務整理を行うことが可能です。また個人民事再生の途中で所定の要件を満たし、再生計画に基づいて残りの借金の返済が難しくなった場合には、申し立てにより免責が決定される制度も導入されています。

特定調停

特定調停というのは債務整理方法の1つです。似たような債務整理方法に任意整理がありますが、特定調停が任意整理と違うのは、債権者と債務者の間に裁判所が入ってくれることです。
任意整理は債務者と債権者が直接交渉して債務の弁済方法などを協議しますが、特定調停は裁判所が仲介者となって債務の弁済方法などを協議します。
特定調停で債権者と債務者が合意に達した場合は、調停調書が作成されます。
特定調停とは
この調停調書は確定判決と同じ効力があります。特定調停を申し立てると、債権者からの督促や取立ては止まります
貸金業法では調停申立てをした人に借金の取立てを行うことが禁止されています。ですから申立てをすれば借金取立ての苦痛から解放され、債務者は精神的に楽になれます。
調停の申立ては、サラ金業者などの住所などがある地域を管轄する簡易裁判所に申立てする必要があります。
借金で首が回らなくなっている人は、複数の貸金業者から借りていることも多いですが、そういう場合は地域外にある業者でも1つの裁判所にまとめて申し立てることが可能です。
貸金業者の住所がわからない時は財務局などに問い合わせてみるとよいです。ちゃんとした業者なら当然金融当局に登録しているはずです。登録していない場合は闇金です。闇金の場合は警察などに相談しましょう。

【シミュレーターで自分の現状を確認する】
 街角法律相談所の債務整理無料診断シミュレーター

借金返済で考えるられること

借入額を減額させる
金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されておりこれを超える部分は無効となります。
しかし、現実には消費者金融業者による貸付けは制限利率を超える利息が貸し付けていました。
長期間にわたってグレーゾーン金利での借入れと返済を続けたものを利息制限法で計算し直し、算出された払いすぎている金額を過払い金と言い、その返金の請求を過払い請求と言いいます。

返済額を減額する
無理のない返済額にすること、返済方法の見直しも1つの手段です。
弁護士や司法書士の先生が、債権者(ローン会社・カード会社・サラ金)と交渉してもらうことで、返済額の減額も可能です。

口コミ評判のいい、弁護士事務所、司法書士事務所紹介

弁護士法人サンク総合法律事務所:借金の即日取立てSTOP!!

弁護士法人サンク総合法律事務所
業者からの取立てや督促を早く止めたい。
・家族や近所に借金があることを秘密にしたい。
・平日は仕事が忙しくて相談できない。
・時間が不規則な仕事で昼間は相談できないので、夜間に相談したい。
弁護士法人サンク総合法律事務所は、平日の昼間は仕事などで相談できないというお声にお応えし、日本全国:365日いつでも24時間無料相談に対応しております。
弁護士法人サンク総合法律事務所

取り立ての電話を止める方法

取立て・催促の電話をとめる方法があります。
電話に出ない!携帯の電源を入れない!というのは対処法になりません。債権者も脅すことが目的はなく回収することが目的であるため、連絡が取れなくなることで、職場や家にまで押しかけ、逆に厄介になるケースもあります。

催促を止めさせる方法は、代理人を立てることです。
もっと簡単に言うと弁護士・司法書士の先生に窓口になってもらうことです。
弁護士・司法書士に、借金の整理を依頼することで、債権者は当人に連絡することが不可能となり、窓口はすべて代理人になるのです。
>> 借金の取立てを止める方法:無料シミュレーションはこちら <<

借金苦のブログ
借金の弁護士費用はどれくらい?
気になりますね。
着手金はなるの?ないの?

借金返済の計算シュミレーションとは何か?

住宅や車などの高価な買い物をするときに一度に払える人はめったにいません。そのため借金をして購入することになります。
それから借金返済しなくてはいけません。ローンは友達からお金を借りる場合とまったく違います。利息がついてくるので、100万円借りても返す時には100万円以上返済しなければいけないのです。ではどのようにスムーズに借金返済ができるでしょうか。一つのよう方法は計算シミュレーションをすることです
借金返済計算シュミレーションこれはどういうことかというと、毎月どれくらい返済すればローンが終わるかということを計算するのです
普通毎月一定額の収入とボーナスなどの臨時収入があるので、それらすべての収入と金利を考慮して計算します。同じ金額を借り入れても収入によって異なりますので、こうした返済計画はとても大切です。
そして肝心なのは算出された通りに返済することです。ローンがあるというのはうれしいことではありませんが、返済を怠ると大変なことになります。

元利均等方式シュミレーションでボーナス金額で借金返済する方法

借金返済はできるだけ早く終わらせたいものです。どうすれば確実に早く終わらせ、なおかつ人並みの生活を続けることができるでしょうか。シミュレーションはかかせません借金返済シミュレーションによってこれからどのようなプランで返済するかの計画を立てることができるからです。その際は元利均等方式を用いるなら、通常の生活水準を維持することができます。
元利均等方式とはどういう意味でしょうか。
元利均等方式シュミレーション
毎月一定の金額を返済することを指します。
シミュレーションには計算ソフトを使う方法があります。その際にはボーナス金額を入力しますので、それに基づいて元利均等法式で借金返済するための毎月の額が出てきます。これにそって毎月返済していくなら、もっとも手早く確実に完済することができるので安心です。このプランに固くつき従って返済するなら、極端な生活を送る必要はありません。
とにかく早く借金返済を終わらせたいからと、極端な節約生活はモチベーションが下がります。

返済額の試算をする住宅ローン借金返済シュミレーションとは

返済額の試算をする住宅ローン借金返済シミュレーションあります
住宅ローンは長期にわたって借金返済していく関係上、返済不履行があれば問題化します。このためシミュレーションを行うことでいろんな要素も考慮したうえで返済可能なのかどうかをあらかじめ検討しておくことも大事です。また、固定金利であれば返済額も固定化されますが、変動金利の場合には、最初の固定期間をすぎればその時点における金利に連動するため、あらかじめ様々なパターンをシミュレーションすることで無理のない返済計画を組むことが大事であるといえます。一昔前であれば、無理にローンを組んでしまったために、返済不履行をおこしたために、住宅自体を抵当権設定している関係上、そのまま任意整理されてしまった例も少なくないのです。
住宅ローン借金返済シュミレーション
ローン期間が長くに渡るため、その経済力に見合った返済計画になっているか確認しておくことが大事です。自信の経済力に見合ったものか見極めることが大事です金利・ローン計算ソフトでシュミレーションして借金返済しよう! 住宅ローンなどを組む時にはローン計算ソフトをつかってシミュレーションするならスムーズに借金返済をすることができます
計算ソフトには必要な金額を入力します。金利やボーナスの額などです。
計算ソフトが毎月いくらずつ返済していけばいいのかを算出してくれます。これによりどのようにして借金返済をしていくかをシミュレーションすることができるのです。ローンの計算はとても複雑なのでローン計算ソフトを使えばとても簡単です。そして計算ソフトが算出した額にしたがって返済していかなければいけません。このようにシミュレーションすると借金返済をどのように行うのかをイメージすることができます
借金があるというのは時として精神的な圧力になります。でも借りたからにはちゃんと返済しなければいけません。計算ソフトは助けになりますが、毎月きっちりと返済するのは自分の責任です。借金返済が終わるまでは、厳密に言えばまだ自分の家ではないのです。

簡単シュミレーションで借り換え借金返済する方法

“簡単なシミュレーションで借り換えをし、それによって借金返済を容易に実現することが可能です。借金返済で最も困る状況は、複数の会社からお金を借りる多重債務になってしまうことです。簡単シュミレーションで借り換え複数の会社からお金を借りるとそれらの会社ごとに利子を支払わなくてはいけませんし、手数料も別々に支払わなくてはいけません。しかし、借り換えによってこれらの借金を全て一つの会社にまとめることが出来れば、少なくともこれらの支払い分を無くすことが出来るのです。さらに、シミュレーションによってより金利の小さな会社からお金を借りることが出来れば、実質的に抱えていた借金を小さくすることが出来るため債務整理などを利用しなくても債務の負担を少なくすることが可能です。借金返済は、別の会社の会社のローンを利用するという特殊な方法で実現することが出来るのです。
こうした方法では、信用情報に傷をつけずに返済が出来るというメリットがあるため、多くの人に使われています。

過払い金請求ならここ
板垣法律事務所弁護士にも、向き不向きがあるのをご存知でしょうか?
民事が中心で刑事には手を出さない、国際系の案件に強い弁護士事務所などいろいろあります。
この債務整理に関しても、弁護士事務所にも得意、不得意があります。
弁護士の力というより、事務所スタッフのスキル、フットワークの速さがそれにあたります。

結婚前に借金を片付ける方法
参考;http://www.tegustaseducir.com/

借金返済シミュレーターを使ってみる

一人で悩んでいても、なにも解決しません。
今の借入額を把握し、返済方法、債務整理の方法について確認しましょう。

↓↓↓↓ 街角法律相談所の債務整理無料診断シミュレーターはこちら ↓↓↓↓
借金シミュレーター
>>借金返済シミュレーションをはじめる

▲ページトップに戻る